顔の気になるたるみをハイフで解決

たるみが気になる年頃になった

ハイフ東京都のハイフが人気

スキンケアは常に気を使えて行っていましたが、加齢に伴い肌のたるみなどが目立つようになり、口元のほうれい線や二重あごなどが目立ちやすくなり、見た目も一気に老けた印象を感じるようになってしまったので自分で行うお手入れに限界を感じていました。
このままではどんどん肌のたるみが悪化してしまうと感じ、少しでも加齢トラブルを解決するためにも、美容外科クリニックに相談をしてみることに決めました。
最初はたるみやシワを改善する美容注射などを想定していたのですが、医師にすすめられたのはHIFU(ハイフ)と呼ばれる美容治療機器を利用した方法です。
このハイフとは高密度焦点式超音波と呼ばれる機器で、皮下組織にあるSMAS筋膜に超音波を一点に集中させて、表面の皮膚を火傷させること無く熱の力で引き締める仕組みだと説明され、イメージとしてはステーキ肉を熱することで肉質が引き締まる状態だと感じました。
最初は超音波の熱で肌を収縮させるほどの効果は、施術する際にかなりの痛みが怒ったり火傷をしてしまうのではと不安に感じました。
しかしこのハイフで引き締める部分であるSMAS筋膜は、表皮や真皮、皮下組織の更に下の部分にあり、外科手術でしかアプローチ出来なかった部位を皮膚に傷を付けずに引き締めることが出来る点に魅力を感じ、治療を受けることにしました。

久しぶりに何かの施術がしたくて、ウルセラ3Dハイフやってきました✨
友達が激変して勧められて予約を取ったのですが数ヶ月待ち…キャン待ちで行けました‼️
小島さんの施術初回はお安いしとっても良かったです😭切開リフト後でも問題無くて一安心。

右が直後なので赤みが残ってます(両方無加工) pic.twitter.com/c04jb98JHD

— みなと🐹整形OLのnote公開中🇰🇷 (@minato_seikeiOL) July 11, 2020

たるみが気になる年頃になった | ハイフ施術を行うことに | ダウンタイムも少なく気軽に施術を受けられる